広告はサーバー代の為ご了承ください

【ヤン・ウェンリー】銀河英雄伝説の名言集【名セリフ】

シャチくん
アニメ「銀河英雄伝説」の名言をご紹介するよ!
良い名言だと思ったら、気軽に「いいね」ボタンを押してね!

目次

ヤン・ウェンリーの名言

我々は現在のところ負けているが、要は最後の瞬間に勝っていればいいのだ。

心配するな。私の命令に従えば助かる。生還したいものは落ち着いて私の指示に従ってほしい。我々は現在のところ負けているが、要は最後の瞬間に勝っていればいいのだ。

(劇場版 銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲)

夕食の用意が出来てもいないのに、明日の朝食について論じても始まらない。

目前に急務があるわけだから、まずそれを片付けよう。夕食の用意が出来てもいないのに、明日の朝食について論じても始まらない。

信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことである。

信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことである。なぜなら、金銭は万人に共通の価値を有するが、信念の価値は当人にしか通用しないからである。

思うのは自由だが、言うのは必ずしも自由じゃないのさ。

思うのは自由だが、言うのは必ずしも自由じゃないのさ。

正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に初めて成立する。

正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に初めて成立する。

最善を尽くしてもダメなものはダメ、手の届かない場所のことをいくら心配しても手は伸びない。

最善を尽くしてもダメなものはダメ、手の届かない場所のことをいくら心配しても手は伸びない。やりたい奴に任せるのが一番。

政治家が賄賂を取ってもそれを批判できない状態を「政治の腐敗」と言うんだ。

「政治の腐敗」とは政治家が賄賂を取ることじゃない。それは政治家個人の腐敗であるに過ぎない。政治家が賄賂を取ってもそれを批判できない状態を「政治の腐敗」と言うんだ。

うまい紅茶を飲めるのは生きている間だけだから、みんな死なないように戦い抜こう!

「祖国の為」とか「命を懸けて」とかじゃなくて、その・・・うまい紅茶を飲めるのは生きている間だけだから、みんな死なないように戦い抜こう!

ラインハルト・フォン・ローエングラムの名言

俺は自分の「長所」によって成功し、自分の「短所」によって滅亡するだろう。全て俺の器量の範囲内だ。

運命?運命などに俺の人生を左右されてたまるか。俺は自分の「長所」によって成功し、自分の「短所」によって滅亡するだろう。全て俺の器量の範囲内だ。

「社会」や「組織」が腐敗するのは、必ず上からだからな。

「社会」や「組織」が腐敗するのは、必ず上からだからな。

(銀河英雄伝説外伝 白銀の谷 Kap.II)

それは誰かがやってくれるのを待つのではない。俺たちがこの手でやり遂げなければならないのだ。

やはり、現場の小さな抵抗では物事の解決にはならない。この社会は根本から改革して、このような理不尽がまかり通らないようにしなくてはならない。そして、それは誰かがやってくれるのを待つのではない。俺たちがこの手でやり遂げなければならないのだ。

(銀河英雄伝説外伝 朝の夢、夜の歌 Kap.I)

遂には肝心の「守るべき最低のルール」まで軽視されるようになる。

軍旗に敬礼する脚の角度とか、下着の色は白に限るとか、守るのがばかばかしくなって、遂には肝心の「守るべき最低のルール」まで軽視されるようになる。

(銀河英雄伝説外伝 朝の夢、夜の歌 Kap.II)

ウォルフガング・ミッターマイヤーの名言

民衆が革命につながるような暴動を起こす時に一番の多いきっかけは、「食料の不足」だそうだ。

民衆が革命につながるような暴動を起こす時に一番の多いきっかけは、「食料の不足」だそうだ。

(第50話 連戦)

オスカー・フォン・ロイエンタールの名言

ワインやビールならまだしも肉やパンの配給が滞ると、兵士たちの士気に影響するぞ。

ワインやビールならまだしも肉やパンの配給が滞ると、兵士たちの士気に影響するぞ。古来、飢えた軍隊が勝利を得た例はないからな。

(第50話 連戦)

ジェシカ・エドワーズの名言

あなたはいま、どこにいます?

ジェシカ・エドワーズ「国防委員長。私はジェシカ・エドワーズと申します。アスターテ会戦で戦死した第六艦隊幕僚ジャン・ロベール・ラップの婚約者です。いいえ、婚約者でした。」

ヨブ・トリューニヒト「それは…。それはお気の毒です。しかし…」

ジェシカ・エドワーズ「労っていただく必要はありません。私の婚約者は祖国を守ってあなたの仰る崇高な死を遂げたのですから。」

ヨブ・トリューニヒト「そうですか、いや、貴女は銃後の婦女子の鏡ともいうべき方だ」

ジェシカ・エドワーズ「ありがとうございます。私はただ委員長に一つ質問を聞いていただきたくて参ったのです。」

ヨブ・トリューニヒト「ほう、それはどんな質問でしょう。私が答えられるような質問だといいのですが…」

ジェシカ・エドワーズあなたはいま、どこにいます?

ヨブ・トリューニヒト「は、なんですと?」

ジェシカ・エドワーズ「わたくしの婚約者は祖国を守るために戦場にいき、現在はこの世のどこにもいません。委員長、あなたはどこにいます?戦死を賛美するあなたはどこにいます」

ヨブ・トリューニヒト「お嬢さん…」

ジェシカ・エドワーズ「あなたのご家族はどこにいます?わたしは婚約者を犠牲に奉げました。それなのに国民に犠牲の必要を説くあなたのご家族はどこにいるの?あなたの演説にはそれらしく聞こえるけど、ご自分がそれを実行してるのですか?」

ヨブ・トリューニヒト「警備兵!このお嬢さんは取り乱しておられる。別室へお連れしろ。」

(第3話 第十三艦隊誕生)

1 COMMENT

匿名

キルヒアイスの、「形式というのは必要かもしれませんが、バカバカしいことでもありますね。」って言葉いれてほしいです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。