【AlphaGo】Google DeepMind チャレンジマッチ第二局【李世ドル】

Google DeepMind チャレンジマッチ第二局

解説

AlphaGo(黒)が第2局に勝利した。
李は対局後に、「AlphaGoはほぼ完璧な碁を打った」、「序盤から自分がリードしたと一度も感じなかった」と述べた。

AlphaGoの作成者の一人デミス・ハサビスは、解説者がどちらが優勢か判断できなかったゲームの中盤からAlphaGoが勝利を確信していたと述べた。韓国棋院の安永吉は、特にAlphaGoの黒151157159を賞賛した。

黒167は李に紛れを求めるチャンスを与えたようにも見え、ほとんどの解説者は悪手だと断言した。
しかし、のちにこの手も多少の損の代わりに勝利を確実なものにするための正しい判断だったと考えられるようになった。

動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。